あなたは大丈夫?ご近所トラブルになる前に。

先手必勝!引っ越しの挨拶はトラブルを避ける第一歩です

住まいは選べてもご近所に住む人たちを選ぶことはできません。トラブルに巻き込まれても賃貸なら最悪、引っ越しという手段も考えられますが、家を購入してしまった際には、そうそう引っ越しをすることは不可能です。特にマンションの場合はトラブルにならずにご近所とうまくお付き合いをしていくことが、快適な生活を得るためのカギとなります。
とりわけ小さなお子さんがいる家庭は注意が必要です。引っ越して来たらまず、ご近所にご挨拶に行くようにしましょう。最近は隣に誰が住んでいるかわからないという話も少なくはありませんが、ちょっとした粗品を持ってご挨拶に行くことで、近所に住んでいる人の様子がわかります。また、きちんと挨拶に来たということで第一印象は良いものとなるでしょう。そして、ゴミ出しなどの際にご近所の人と会ったら必ず笑顔で挨拶をするようにしましょう。

ご近所の理解が得られるように努力しましょう

ご近所のトラブルで1番多い原因のひとつに「騒音」があります。マンションでは小さい子どもが騒ぐ声に加えて、廊下や部屋をドタバタ走り回る音は、必ず下の階に響きます。とはいえ、注意したからと言って小さな子供をいつも静かに歩かせることは至難の業でしょう。そんな時は騒音を少しでも和らげるために、厚手のカ-ペットなどを敷いて防御しましょう。それから特に夜の騒音は迷惑になるので、なるべく9時ぐらいまでに寝るように習慣づけるようにしてはいかがでしょうか。
そういった自分なりの努力をしたうえで、ご近所の人に会った時に、迷惑をかけていることを謝罪するのです。近所トラブルが大きくなる原因は迷惑をかけている本人に自覚がないということです。自分がされて迷惑だと思うことは人も迷惑に思うのは当然のことです。大きなトラブルに発展する前に、迷惑をかけていることはきちんと謝罪して、「許してもらう」のではなく「理解してもらう」ように心がけることが重要なポイントです。

© Copyright Finding Home.All Rights Reserved.