風水で間取りを考える。

階段の位置に注意しよう。

物件を案内してもらう際に気を付けて見ておきたいのは階段の位置です。
一戸建ての賃貸の場合、階段が部屋の真ん中にあると運気が下がってしまうので気を付けましょう。特に家族で住む場合には、真ん中に階段がある家は家族の別離を呼んでしまうことがあります。階段はできるだけ、壁面にあるのが望ましいです。
また玄関と階段の上り口が向き合っている間取りも、風水ではあまり良いとはされません。玄関は運気が入ってくる場所ですが、その向かいに階段があることで家の中の気と気がぶつかってしまい、運気が低下するのです。病気などの災いを呼んでしまうので注意しましょう。
真ん中に階段がある場合は、賃貸ではリフォームが難しいためなかなか改善できませんが、玄関に階段が向き合っている場合は階段に向けて鏡を置くと運気が良くなります。

吉方位をチェックして、運気の良い家に!

風水では方角にも吉と凶があるとされています。
家の入口であり気が入ってくる玄関の位置は特に大切であり、玄関の吉方位は東か南、または東南です。方位では北東は鬼門と呼ばれて凶なので、北東の位置に玄関がある場合は低運気の家となります。
リビングやトイレ・キッチンなども吉方位の向きにあることが望ましいですが、すべての部屋がそういうわけにはいきませんよね。
万が一鬼門である北東に部屋がある場合でも、掃除や換気をすることで良い気が入ってきます。またグリーンの植物や鏡を置くことでも、鬼門の運気を上げることができるでしょう。
そのほかにも風水では、南東のリビングは人間関係が円満に行き、北側には一家の大黒柱である主人の書斎などにすることで財が蓄えられるとされています。間取りを決める際には上手に風水を活用して、良い運気の家にしたいものですね。

© Copyright Finding Home.All Rights Reserved.